口臭の原因・予防 歯周病予防ナビ

トップ > 口臭 > 原因・予防

口臭

原因・予防

口臭の原因となるのは、口の中の細菌たち

口臭の原因

【口臭は変化します!:生理的口臭の1日の変化】メチルメルカプタン濃度は、朝食後・昼食後の歯磨きで下がり、歯磨き後は徐々に上がっていきます。〔渋谷他 口衛誌2001より引用〕 【口臭は変化します!:生理的口臭の1日の変化】メチルメルカプタン濃度は、朝食後・昼食後の歯磨きで下がり、歯磨き後は徐々に上がっていきます。〔渋谷他 口衛誌2001より引用〕

口の中の食べカス、はがれた粘膜細胞、歯周ポケットから滲み出した液体などにはたんぱく質が含まれています。そのたんぱく質を歯垢(プラーク)や舌苔、唾液の中にいる細菌が分解することで、口臭(揮発性硫黄化合物)が生まれます。

口臭は唾液分泌が減少し細菌が増殖して口の中が不潔になると発生します。また起床時や空腹時、ストレスを感じているときなどに強くなります。

たんぱく質(食べカス・はがれた粘膜・歯周ポケットからの滲出液)を細菌(歯垢(プラーク)・舌苔・唾液)が分解することで口臭(揮発性硫黄化合物:[主な3種類]硫化水素(卵の腐ったような臭い)・メチルメルカプタン(たまねぎの腐ったような臭い)・ジメチルサルファイド(キャベツの腐ったような臭い))が発生します。 たんぱく質(食べカス・はがれた粘膜・歯周ポケットからの滲出液)を細菌(歯垢(プラーク)・舌苔・唾液)が分解することで口臭(揮発性硫黄化合物:[主な3種類]硫化水素(卵の腐ったような臭い)・メチルメルカプタン(たまねぎの腐ったような臭い)・ジメチルサルファイド(キャベツの腐ったような臭い))が発生します。

口臭予防のポイント

口臭を予防するためには、口の中を清潔に保つことが必要です。また、虫歯や歯周病をきちんと治療しておくことも、口臭予防の大切なポイントです。

毎日の歯磨き

お口の中を清潔に保つために、ていねいな歯磨きを心がけましょう。口臭予防効果のある成分が配合されたハミガキ(ハミガキ粉)を使うのもお勧めです。

舌清掃(舌ブラッシング)

歯を磨いた後の歯ブラシで舌の上を2〜3回ほどかき出すように磨いてください。舌苔を除去することで口臭を抑えることができます。

歯間ブラシやマウスウォッシュ(デンタルリンス)

歯間ブラシやデンタルフロスを使って歯垢(プラーク)の除去をしましょう。また、マウスウォッシュ(デンタルリンス)は口中をさわやかにするだけでなく、口臭予防の効果があります。

虫歯や歯周病の治療

歯科医院で定期的に健診を受けて、虫歯や歯周病にかかっていないか診てもらいましょう。また、歯石除去や専門家による歯の清掃を受けましょう。

規則正しい生活

緊張やストレスをためこまないように心がけながら、規則正しい生活を送りましょう。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

口臭

PAGE TOP

PAGE TOP