歯周病ケアに効く歯磨き・歯ブラシの使い方|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病ケアに効く歯磨き・歯ブラシの使い方 > 歯周病ケアに効く歯磨き・歯ブラシの使い方

正しい歯周病ケア

しっかり歯磨きでケア

歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を、歯磨きで取り除きます

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)は、生きた細菌の塊です。歯とほぼ同じ乳白色で水に溶けにくく、歯の表面に粘着しているため、うがいをするだけでは取り除くことはできません。しっかり歯磨きをして、この歯垢(プラーク)を取り除くことが大切です。

歯磨きする上で大切なこと

食べたらすぐに歯を磨きましょう
【歯垢(プラーク)中の酸性度】食後から急激に下がり、20分程過ぎると徐々に増えていきます(臨界ph値を下回ると脱灰が始まる)。 【歯垢(プラーク)中の酸性度】食後から急激に下がり、20分程過ぎると徐々に増えていきます(臨界ph値を下回ると脱灰が始まる)。
食後は虫歯になりやすい状態が20分以上続きます。食べたら歯を磨く習慣をつけましょう。
寝る前の歯磨きはていねいに
【1日の唾液分泌量の変化】昼過ぎを頂点に、夜になるにつれて減っていきます。明け方になると昼過ぎの頂点に向けて増えていきます。 【1日の唾液分泌量の変化】昼過ぎを頂点に、夜になるにつれて減っていきます。明け方になると昼過ぎの頂点に向けて増えていきます。
睡眠中は唾液の分泌が減り、口腔は細菌が繁殖しやすい状態になります。寝る前は特にていねいに歯を磨きましょう。

磨き方の基本と工夫

歯垢(プラーク)のつきやすいところ

噛み合わせ・歯と歯の間・歯と歯茎の境目噛み合わせ・歯と歯の間・歯と歯茎の境目

歯の表側・歯の裏側歯の表側・歯の裏側

PointPoint
  1. 歯の表側、裏側、噛み合わせの面と、分けて磨くようにしましょう。
  2. 磨き残しを防ぐため、歯磨きする順番を決めてから磨きましょう。

歯磨きの基本

歯ブラシの毛先を、歯面(歯と歯茎の境目、歯と歯の間)にきちんと当てましょう。

150〜200gの軽い力(毛先が広がらない程度)で磨くようにしましょう。

小刻みに(5〜10mmを目安に)歯ブラシを動かして、1〜2歯ずつ磨きましょう。

歯磨きの工夫

歯と歯茎の境目(歯周病予防・改善に効果的な磨き方)は
歯と歯茎の境目に45度の角度で歯ブラシを当てます。そして、細かく前後に動かしながら磨きましょう。
凸凹歯並びは
でこぼこしている歯1本1本に、歯ブラシを当てます。そして、毛先を上下に細かく動かして磨きましょう。
背の低い歯は
歯ブラシをななめ横から当てて、細かく動かしながら磨きましょう。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯周病ケアに効く歯磨き・歯ブラシの使い方に関するページです。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

正しい歯周病ケア

PAGE TOP

PAGE TOP