8020運動|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 8020運動

用語集

8020運動

8020は“ハチ・マル・ニイ・マル”と読み、厚生労働省が推進する「80歳になっても自分の歯を20本保とう」という平成元年にスタートした運動のことです。
20本の理由は、「少なくとも20本以上自分の歯があれば、ほとんどの食物を噛みくだくことができ、おいしく食べられる」という概念に基づいています。
こうした運動の背景には、歯は健康にとって重要な役割を果たしているにも関わらず、その認識が欠けているという実態があげられます。
例えば、1本の歯が抜けてもさほど気にしない人が多いのですが、1本失うことで他の歯が補うように働くことで過剰に負荷がかかり、他の歯も傷むケースが多く見られます。
厚生労働省によると、65歳から70歳の間に平均10本以上の歯が抜けてしまうのです。
原因はほとんど歯周病といわれています。
8020運動を十分に意識して毎日のケアを心がけたいものです。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

8020運動についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP