知覚過敏|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 知覚過敏

用語集

知覚過敏

虫歯でもないのに、冷たいものや歯ブラシの毛先などの刺激で歯がしみたり、痛みを感じたりすることがあります。これが知覚過敏です。甘いものや酸っぱいものも刺激となり、症状を感じることもあります。

知覚過敏の原因

知覚過敏は、歯周病や加齢などにより、歯の根元の部分の象牙質が露出しておこります。
歯は、健常な状態であれば象牙質はエナメル質と歯肉におおわれていて、冷たさなどの刺激から守られています。しかし、歯周病が進行したり、加齢や不適切なブラッシング、不正なかみ合わせなどで歯茎が下がってしまうと、歯の根元の部分の象牙質が露出していまいます。象牙質には歯髄(神経)につながる無数の穴(象牙細管:ぞうげさいかん)があいているため、象牙質の穴を通して、受けた刺激が神経に伝わり痛みを感じてしまいます。この痛みは一過性なので、刺激がなくなると痛みもなくなります。

象牙質表面の拡大写真 <象牙細管> 象牙質の表面には、歯髄に通じる無数の穴が開いてる

象牙質表面の拡大写真 <象牙細管> 象牙質の表面には、歯髄に通じる無数の穴が開いてる

知覚過敏 負のスパイラル

知覚過敏になると痛みのために歯みがきが十分にできなくなり、歯垢が蓄積してしまいます。すると、蓄積した歯垢に潜む細菌が出す酸によって、露出した象牙細管がさらに広がって刺激を感じやすくなり、痛みがますます強くなってしまいます。そうなると、さらに歯垢が蓄積して、虫歯や歯周病が発症したり悪化するなど、悪循環を繰り返してしまいます。

負のスパイラル:知覚過敏→歯がしみるため歯みがきが困難→歯垢がたまる→細菌の出す酸で、さらに象牙細管が開く→知覚過敏 この負のスパイラルが虫歯や歯周病の発症・悪化を引き起こします。

負のスパイラル:知覚過敏→歯がしみるため歯みがきが困難→歯垢がたまる→細菌の出す酸で、さらに象牙細管が開く→知覚過敏 この負のスパイラルが虫歯や歯周病の発症・悪化を引き起こします。

知覚過敏のケア

知覚過敏にならないようにするには、適切なブラッシングで歯の象牙質の露出を防ぐことが基本です。家庭でも知覚過敏の症状のケアは可能ですが、症状がひどい場合には歯科医院に相談しましょう。

歯をみがく時の注意

  • 毛先を歯にきちんと当ててみがきましょう。
  • 軽い力でみがきましょう。
  • 歯をみがく力が強すぎると歯ブラシの毛先が開き、動きが止まってしまうため、プラーク(歯垢)が落ちにくくなります。
  • 歯ブラシは小刻みに動かして使うなど、力の入れ方や動かし方に注意しましょう。
  • やわらかめの毛の歯ブラシを使うのもよいでしょう。
  • 歯がしみる時には、冷たい水ですすがず、ぬるま湯などを使いましょう。

知覚過敏予防ハミガキ(歯磨き粉)を使いましょう

知覚過敏予防ハミガキ(歯磨き粉)は、刺激の伝達を防ぐ薬用成分である硝酸カリウム(イオン)や刺激の伝わる象牙細管の入り口をふさぐ薬用成分、乳酸アルミニウムの配合で、歯が「しみる」のを防ぎます。 継続的に使うことをお勧めします。知覚過敏予防ハミガキを使っても症状が続く場合は、歯科医院にいきましょう。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

知覚過敏についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP