歯垢(プラーク)|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯垢(プラーク)

用語集

歯垢(プラーク)


赤く染め出されたプラーク

歯垢(プラーク)を食べカスと勘違いしている方が多いようですが、歯垢(プラーク)は、歯の表面に付着している細菌のかたまりです。本来は白色ですが、時間が経過すると黄白色に変わり、舌で触るとネバネバしたものを感じます。


プラークの電子顕微鏡写真

歯垢(プラーク)は、歯の表面を覆うペリクル※に細菌が付着し、定着・増殖することによって形成され、大きく成長していきます。
歯垢(プラーク)は、粘着性の強い付着物なので、うがいや通常のブラッシングで除去するのが困難です。デンタルフロスなどを活用してしっかりブラッシングする必要があります。
歯垢(プラーク)の中には、細菌が約400種類存在するといわれ、歯垢(プラーク)1mg当たり、実に2~3億もの細菌が存在しているといわれています。
この中に含まれる歯周病菌が歯茎に炎症を引き起こし、出血や腫れなど歯周病の症状を誘発します。

※ペリクル
唾液中の糖タンパク成分が歯の表面に膜状に付着したもの

プラークのつきやすい場所 歯と歯の間、歯と歯肉の境目、抜けた歯の周り、凸凹の歯並び、奥歯のかみ合わせ プラークのつきやすい場所 歯と歯の間、歯と歯肉の境目、抜けた歯の周り、凸凹の歯並び、奥歯のかみ合わせ
資料提供 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯垢(プラーク)についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP