歯肉炎|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯肉炎

用語集

歯肉炎

歯とは、エナメル質(無機質:96%|有機質+水分:4%|主な働き:咀嚼、保護)、象牙質(無機質:70%|有機質+水分:30%|主な働き:歯の形をつくる、歯の感覚)、セメント質(無機質:60%|有機質+水分:40%|主な働き:歯を歯槽骨へつなぎとめる)、神経と血管、歯髄、歯茎、歯槽骨で構成されています。

歯とは、エナメル質(無機質:96%|有機質+水分:4%|主な働き:咀嚼、保護)、象牙質(無機質:70%|有機質+水分:30%|主な働き:歯の形をつくる、歯の感覚)、セメント質(無機質:60%|有機質+水分:40%|主な働き:歯を歯槽骨へつなぎとめる)、神経と血管、歯髄、歯茎、歯槽骨で構成されています。

歯周病のひとつで、炎症が歯茎のみで起こっている状態をいい、歯槽骨、歯根膜、セメント質には及んでいない状態に分類されます。
歯茎が腫れたり、歯磨きの時に血が出たり、朝起きた時に口腔内がネバネバするなどの症状がみられます。痛みがほとんどないので、症状に気付かないケースも少なくありません。
主な発症原因は、歯周病と同様に歯垢(プラーク)です。ブラッシングを怠ったり、糖分の摂取を頻繁に繰り返したりすることで口腔内に細菌が増殖しプラークが増えると、歯肉に炎症が起きます。
そうなるまえに、早期のケアが大切です。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯肉炎についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP