歯肉溝|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯肉溝

用語集

歯肉溝

歯と歯茎の間にある溝を歯肉溝と呼びます。健康な人の歯肉溝は1~2mmの浅い溝で、薄いピンク色をして引き締まっています。
通常、ブラッシンなどで出血することはありません。前歯では浅く、小臼歯、大臼歯では深くなっています。
歯肉溝に歯垢(プラーク)が溜まると、プラークの中の細菌が毒素を排出し、歯肉が炎症を起こし腫れます。
歯肉が腫れ出すと溝が2mm~6mmと深くなり、ますます歯垢(プラーク)が溜まりやすくなり症状が進行してしまいます。
この深くなった溝の状態を、歯周ポケット、あるいは歯肉ポケットとも呼びます。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯肉溝についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP