歯肉退縮|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯肉退縮

用語集

歯肉退縮

歯根の表面が露出した状態のことをいいます。原因としては歯周炎や加齢、誤ったブラッシングがあげられます。
とくに重度歯周炎に対する治療後に腫れが治まると生じやすいといわれており、歯が長く見えたり、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなったりします。
さらには歯や歯茎がしみるといった知覚過敏の症状が現れやすくなります。
歯肉退縮により根元が出てくると、エナメル質より柔らかい象牙質(根面)が露出してしまいます。
この部分は細菌が侵入しやすく、虫歯になりやすいといわれています。
また、歯の神経との距離が近いため、早い段階で神経にダメージを受け、治療の難易度が高くなる可能性があります。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯肉退縮についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP