歯石|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯石

用語集

歯石


歯の表面に付着した歯石

歯石とは、歯の表面に沈着する灰白色、黒褐色の石灰化した物質です。
歯垢(プラーク)の細菌と菌体間質が石灰化して生じた沈着物で、リン酸カルシウムを主成分とする無機質が約80%を占めます。
歯石は2つに分類され、歯肉縁より上に形成されているものを「歯肉縁上歯石」、歯肉縁より下に形成されているものを「歯肉縁下歯石」といいます。
歯に付いた歯垢(プラーク)は、わずか2日間で歯石になるといわれています。
歯垢(プラーク)は、歯みがきや歯間清掃用具(デンタルフロス)などで除去できますが、歯石に変化してしまうと、歯科医院等で歯石除去(スケーリング)を受けなければ取り除くことはできません。
放置すると歯石はどんどん硬くなり増えていきます。歯石の表面はでこぼこしているので、ますます歯垢が付きやすくなり細菌の温床になる恐れがあります。
また、歯石があると歯肉に炎症も起きやすくなります。そのため、歯石の除去は歯周病予防にとても大切となります。

歯石のつきやすい場所 唾液線の開口部 1.上の奥歯の外側 2.下の前歯の裏側歯石のつきやすい場所 唾液線の開口部 1.上の奥歯の外側 2.下の前歯の裏側
資料提供 公益財団法人ライオン歯科衛生研究所

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯石についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP