歯周病|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯周病

用語集

歯周病

歯とは、エナメル質(無機質:96%|有機質+水分:4%|主な働き:咀嚼、保護)、象牙質(無機質:70%|有機質+水分:30%|主な働き:歯の形をつくる、歯の感覚)、セメント質(無機質:60%|有機質+水分:40%|主な働き:歯を歯槽骨へつなぎとめる)、神経と血管、歯髄、歯茎、歯槽骨で構成されています。

歯とは、エナメル質(無機質:96%|有機質+水分:4%|主な働き:咀嚼、保護)、象牙質(無機質:70%|有機質+水分:30%|主な働き:歯の形をつくる、歯の感覚)、セメント質(無機質:60%|有機質+水分:40%|主な働き:歯を歯槽骨へつなぎとめる)、神経と血管、歯髄、歯茎、歯槽骨で構成されています。

歯周組織(歯茎、歯根膜、歯槽骨、セメント質)に炎症が起こる疾患群の総称。そのうち、炎症が歯茎だけにある状態を「歯肉炎」、炎症が歯茎から歯槽骨や歯根膜にまで広がった状態を「歯周炎」といいます。
歯周病の直接の原因は歯垢(プラーク)ですが、「口腔内の環境」や「生活習慣」の中には間接的に歯周病を悪化させるリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。
そのほか全身的なリスクファクターとして、喫煙、食習慣、ストレス、不規則な生活などがあります。
歯周病はSilent disease(サイレント ディジーズ=沈黙の病気)と呼ばれ、痛みなどの症状が少ないのも大きな特徴です。
一般的に体の抵抗力が強い時期は活動を静止し、体の抵抗力が弱ってくると活動期に入り、歯茎の腫れや出血などの自覚症状が現れてきます。
この活動期と静止期を繰り返しながら、静かに症状が進行していきます。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯周病についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP