歯周病菌|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯周病菌

用語集

歯周病菌

歯周病菌とは、歯周病の発症・進行に関与する細菌の総称であり、これらの細菌が集まり塊を形成したものがバイオフィルムです。
歯周病菌が繁殖し、歯頚部などにバイオフィルムを形成することで炎症を起こし、歯周病を発症させる原因となります。
歯周病菌のほとんどは嫌気性菌で、酸素が苦手という特徴があります。そのため、歯と歯のすき間や歯と歯茎のすき間に生じる歯周ポケット内に多く存在します。
歯周ポケットが深くなればなるほど酸素が届かなくなり、歯周病菌が好む環境となります。
また、歯周病菌の侵入を防いでいるのが歯茎となりますが、体の抵抗力が下がると歯茎は弱くなり、歯周病菌が血液に侵入しやすくなります。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯周病菌についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP