歯槽膿漏|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周病の用語集 > 歯槽膿漏

用語集

歯槽膿漏

歯槽膿漏とは、文字通り歯を支えている歯槽骨から膿が漏れている状態をいいます。
歯周病のうち慢性の歯周炎で症状が進行した状態を指し、古くから慣用的に使ってきた疾患の呼び方です。
歯槽膿漏は歯槽骨の吸収を引き起こすので歯茎が下がり、歯が長くなったように見えます。
また、歯と歯茎の間に溜まる膿によって、口腔内がネバネバし口臭が強くなります。
さらに、歯肉からの出血や歯周ポケットからの排膿(膿が出る)、歯の動揺(グラグラする)などの症状が出てきます。
この状態では歯槽骨や歯根膜の破壊が進んでいることが考えられるので歯の維持が脅かされます。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯槽膿漏についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

PAGE TOP

PAGE TOP