低体重児出産・早産と歯周病の関係|歯周病予防ナビ

トップ > 歯周病とは? > 歯周病と全身の健康 > 低体重児出産・早産と歯周病の関係

歯周病と全身の健康の関係

歯周病と早産、低体重児出産

歯周病と早産、低体重児出産歯周病と早産、低体重児出産 歯周病で歯茎が炎症を起こすと、『サイトカイン』や
『プロスタグランジン』などの炎症関連物質が生産され、
血液中に入り全身へと運ばれます。

これらの炎症性関連物質は陣痛を促す働きがあり、
胎盤へ作用すると早産・低体重児出産となる可能性があります。

妊娠すると、つわりなどの影響から口の中が不衛生になりがちです。
またホルモンの影響で歯周病になりやすい状態になります。

実は、妊娠前にしっかりと歯周病対策することは重要なのです。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

低体重児出産・早産と歯周病の関係についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

歯周病とは?

PAGE TOP

PAGE TOP