歯周炎とは?歯周炎の症状について|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周炎とは?歯周炎の症状について >歯周炎とは?歯周炎の症状について

歯周炎(歯槽膿漏)

歯周炎とは?

歯周病がある程度進行した段階で、早めの治療が必要です

歯周炎とは、歯周病がある程度進行した状態のことです。歯周炎になると、歯茎が腫れる、口臭が発生する、歯茎から出血したりするだけではなく、歯垢(プラーク)中の細菌によって歯槽骨が破壊され、歯周ポケットが徐々に深くなっていきます。

それに伴って歯茎が退縮していくと、歯が長く見えたり、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなります。

  1. 健康な状態の歯周組織健康な状態の歯周組織
  2. 歯周炎の状態の歯周組織歯周炎の状態の歯周組織

歯周病進行度

歯周炎は、歯周病がある程度進行してしまっている段階です。すぐに歯科医院で症状をみてもらいましょう。

  1. 軽度〔歯肉炎〕軽度〔歯肉炎〕
  2. 中度〔歯周炎〕中度〔歯周炎〕
  3. 重度〔歯周炎(歯槽膿漏)〕重度〔歯周炎(歯槽膿漏)〕

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯周炎とは?歯肉炎の症状に関するページです。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

歯周炎(歯槽膿漏)

PAGE TOP

PAGE TOP