歯周炎(歯槽膿漏)の原因・予防・対策|歯周病予防ナビ

歯周病予防ナビトップ > 歯周炎とは?歯周炎の症状について > 歯周炎(歯槽膿漏)の原因・予防・対策防

歯周炎(歯槽膿漏)

原因・予防

歯周炎・歯槽膿漏を含む歯周病の直接的原因は歯垢(プラーク)

歯周病の直接的原因

歯周炎・歯槽膿漏を含む歯周病の直接的な原因は、歯垢(プラーク)です。歯垢(プラーク)は生きた細菌の塊で、そのほとんどが酸素の少ない場所を好むため、歯と歯茎のすき間(歯周ポケット)に潜んでいます。

この歯垢(プラーク)中の細菌が出す毒素によって、歯茎に炎症が起きてしまうのです。

歯周病の間接的原因=リスクファクター(危険因子)

歯周炎・歯槽膿漏を含む歯周病は、「口腔内の環境」や「生活習慣」にも間接的な原因となるリスクファクター(危険因子)が潜んでいます。歯肉炎のケアには、適切なブラッシングで歯垢(プラーク)を取り除くことと、リスクファクターを少なくしていくことが必要です。

局所的なリスクファクター(口腔内の環境など:歯石・不適合な冠(クラウン)など・歯並び・不良習性・[その他]悪い噛み合わせ など)、全身的なリスクファクター(生活習慣など:ストレス・運動不足・食習慣・睡眠不足・喫煙※・[その他]歯磨き習慣、遺伝、肥満、女性ホルモンの影響、薬の影響 など)と歯垢(プラーク)が原因で歯周病となり、全身疾患に繋がる恐れがあります。※喫煙は歯周病を悪化させる大きなリスクファクターです。喫煙は血管を収縮させて血行不良をひきおこします。そのため、見かけの歯茎の炎症は少ないのですが、歯周病細菌に対する抵抗力が低下し歯周病を重症化させます。また歯周病治療においても、喫煙者では治りが悪いことがわかっています。 全身疾患に繋がる恐れがあります。 局所的なリスクファクター(口腔内の環境など:歯石・不適合な冠(クラウン)など・歯並び・不良習性・[その他]悪い噛み合わせ など)、全身的なリスクファクター(生活習慣など:ストレス・運動不足・食習慣・睡眠不足・喫煙※・[その他]歯磨き習慣、遺伝、肥満、女性ホルモンの影響、薬の影響 など)と歯垢(プラーク)が原因で歯周病となり、全身疾患に繋がる恐れがあります。※喫煙は歯周病を悪化させる大きなリスクファクターです。喫煙は血管を収縮させて血行不良をひきおこします。そのため、見かけの歯茎の炎症は少ないのですが、歯周病細菌に対する抵抗力が低下し歯周病を重症化させます。また歯周病治療においても、喫煙者では治りが悪いことがわかっています。

Point Point
歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を適切なブラッシングで取り除きましょう。
また歯周病を予防するためには、歯周病のリスクファクターを少なくすることも大切です。

歯周病チェックシート歯周病チェックシート

まずはあなたの歯の状態をチェックしてみましょう。

チェックスタートチェックスタート

お口の状態に合わせてお選びください

これから歯周病ケアをはじめる方へこれから歯周病ケアをはじめる方へ

本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ本格的な歯槽膿漏対策をお考えの方へ

生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ生薬で歯槽膿漏予防を始めたい方へ

歯周炎(歯槽膿漏)の原因・予防・対策についてご説明しています。システマ・デントヘルスなどの商品を提供するライオン株式会社の歯周病予防ナビ。歯周病、歯肉炎、歯槽膿漏の症状、原因や予防・対策について分かりやすく説明しているサイトです。

歯周炎(歯槽膿漏)

PAGE TOP

PAGE TOP